免許の取得方法について

採用後に会社の研修で取得する

タクシーやバスのリヤガラスには広告が貼られているときがあり、その中には運行会社が運転手を募集しているものもあります。タクシーやバスはどちらもお客さんを乗せる車になり、この車を運転するには第一種免許だけでは足りません。ではタクシー会社などの求人に応募するには旅客運行ができる第二種免許を持っておく必要があるかですが、多くの求人を見ると第二種免許がなくても応募可としています。もちろん採用されたての時は第二種免許がないのでタクシー運転の仕事はできません。入社後会社の方が研修を行ってくれたり自動車教習所に通うための費用を負担してくれたりするのでそれによって第二種免許を取得します。取得後さらに会社の研修を経て旅客業務を行えるようになります。

採用前に取得すれば採用してもらいやすい

タクシーやバスの会社の求人を見ると第一種免許取得者でも応募できるものがあり、ドライバーの仕事に興味のある人は応募しようと考えるかもしれません。ただすべての応募者が採用されるわけではなく自分自身が採用されない可能性もあります。確実に採用されたいと考えるなら、応募する前に第二種免許取得をしておくと良いでしょう。第一種免許しかない人は採用後に取得しないといけないので、それまではドライバーの仕事ができません。一方第二種免許をすでに取得している人は乗務の研修を受ければすぐにドライバーとして働けます。一日でも早くドライバーとして働いてほしい会社としては免許取得に時間がかかる人よりも既に取得している人を優先して採用してくれるでしょう。

© Copyright Passenger Transport Licence. All Rights Reserved.