それぞれの免許で就業できるお仕事と注意点

第二種運転免許で働ける仕事

第二種運転免許には様々な種類が存在し、それぞれで運転できる車両と就業可能な職業が異なってきます。例えば第二種運転免許の一つである普通第二種免許は普通自動車を対象としたもので、タクシーが該当します。また中型第二種免許では中型自動車を運転することができ、これを取得することでマイクロバスのドライバーとして働くことができるようになります。さらに大型自動車を対象とした大型第二種免許を持っていれば、大型バスドライバーとして活躍できるのです。これらの他に、雪国で旅客用雪上車のドライバーとして働きたいという場合には、大型特殊第二種免許を持っている必要があります。加えて、牽引第二種免許を所持していれば、分離されている客車を運ぶトレーラードライバーとして働けます。

第二種運転免許取得に関する注意点

様々な旅客車両の運転に必要な第二種運転免許ですが、取得に際してはいくつかの注意点が存在します。その一つが取得時の年齢で、満年齢で21歳以上でなければ受験することができません。また道路の鋭角コースの切り返し運転を、一回でクリアしなければいけないという高い技術が求められます。さらに旅客車両を運転するという目的上、第二種運転免許では乗客がいることを想定したドライビングを心掛けなければいけません。丁寧な接客対応を身に付けることはもちろんのこと、乗客が不快な思いをしないための、快適な乗り心地を意識した運転をするのです。これは安全運転を心掛けるだけではなく、車の揺れが少なくなるようになるべく平坦な道を、適度なスピードで走るということです。

© Copyright Passenger Transport Licence. All Rights Reserved.