免許の取得方法について

運転免許の違いについて

運転免許については様々な種類がありますが、第一種運転免許、第二種運転免許などが存在し、それぞれ免許取得後に許される行動が異なってきます。まず、第一種運転免許については、白いナンバーの乗用車や、黄色ナンバー(一定の条件を満たし白ナンバーを取得しているものを含む)の軽自動車などが運転できます。緑色のナンバーは、タクシーや路線バスなどについていますが、旅客運送目的の自動車につけられているもので営業行為に当たり、第一種運転免許では扱うことができません。注意するべき点としては、ナンバーの色がたとえ第一種運転免許で運転が可能な白、黄などのナンバーであったとしても、運転代行などを行う場合は、必ず、第二種運転免許が必要となります。

目的に応じた免許取得

第一種運転免許と第二種運転免許の違いは、旅客運送を行えるか行えないかによる違いです。そのため、ほとんどの人が第一種運転免許を取得しています。第一種運転免許の取得には様々な方法がありますが、多くは、教習所へ通うか合宿に参加するかの二択になると思います。かかる費用も地域によりさまざまですが、一般的には合宿のほうが費用を抑えやすい傾向にあります。 就職で免許が必要になる場合や、大学に通う前に免許を取得しておきたいといった場合には、短期間で免許の取得が可能な合宿に軍配が上がりますが、大学に通いながらや就職をしながらということであれば、家から近い教習所へ通うということも選択肢の一つとなります。広い個人敷地(法律において閉鎖された空間と示すことができる場所)で、自分自身で運転免許取得の技術を持つことができる環境にあるのであれば、試験会場に直で行き試験を受けることも可能です。

© Copyright Passenger Transport Licence. All Rights Reserved.