第1種運転免許に含まれる免許の区分

第1種運転免許と第2種運転免許

自動車を運転するためには運転免許が必要であり、運転免許には様々な種類が存在しています。運転免許は、大きく第1種運転免許と第2種運転免許の二つに分類することが可能です。第1種運転免許は道路交通法で定められている運転免許の区分のひとつであり、自動車や原動機付自転車といった一般的な自動車を運転する際に必要となる運転免許です。この区分は、運転する車の種類ではなく、自動車を運転する目的によって分けられています。第1種運転免許に対して第2種運転免許というものが存在しています。第2種運転免許も、運転免許の区分のひとつで、運転する目的が営業目的で人を車に乗せて走らせる場合に必要となる免許です。バスやタクシーの運転、代行運転をする際に必要となります。

第1種運転免許でできるドライバー

第1種運転免許を取得していることで様々なドライバーとなることができると同時に、第2種運転免許がなければできないために求人に応募できないドライバーというものもあります。基本的に第2種免許がないならば、タクシードライバーやバスのドライバー、代行運転で顧客の車を運転することはできません。ですが、第1種運転免許があれば、トラック配送ドライバーや宅配・配達ドライバーになることは可能です。物流業界では、大型から小型までのトラックを運転するドライバーの求人を数多く出しています。トラックの大きさに合わせて普通・中型・大型の免許を取得すれば、ドライバーとなることができるでしょう。宅配・配達ドライバーは、引っ越しやルート配達、セールスなどの仕事をすることになります。

© Copyright Passenger Transport Licence. All Rights Reserved.